店舗案内 デジタルカタログ
カタログ請求
お問合せ

お役立ちギフト情報

10初節句・初節句の内祝い

雛人形・五月人形、誰が準備する?

一般的には母方の実家から贈られていたものですが、今では、両家で折半するなど様々です。 両家でお金を出し合ってもらい、赤ちゃんのパパとママで決めるなんていうご家庭もありますね。

初節句の人形は、両家のご実家から贈られることが現在は多いようです。

一般的には母方の実家から贈られていたものですが、今では、両家で折半するなど様々です。 両家でお金を出し合ってもらい、 赤ちゃんのパパとママで決めるなんていうご家庭もありますね。初節句を迎える家庭では、実際に初節句を迎える前に 1ヶ月くらいは飾ることを想定した購入計画を立てるとよいでしょう。
年に1回にお子様のお祝いですから、長めに飾ってあげて下さい。

お人形は持ち主にとってのお守り。2人目の子供の場合でも、一人ひとりに用意します。

本来、お人形はお子様一人にひとつが基本です。
中には「長男・長女の分があるから」とそのままになったり、「ひな人形をママのお下がりで」というご家庭もありますが、本来の意味からすると新たに準備するのがベスト。
しかし、経済的な事情や飾るスペースの問題も。とはいえ、下の子に何もないのはかわいそうですので、女の子なら小さめのケース人形や小物、男の子なら同じくケース人形やこいのぼりがあれば鯉を足してあげましょう。

初節句のお祝いは、両家の祖父母や家族、親戚などを招いて祝宴をひらくのが一般的。

自宅やどこか会場を借りて祝宴を開くことが多いようです。
自宅で行う場合は前もって、いただいたお人形などを飾り、お披露目しましょう。とはいえ、現在ではあまり堅苦しいことを考えず、家族や親しい人が集まって、ホームパーティのような祝宴にすることも多いので、自分たちのスタイルにあったお祝いを。

初節句内祝いの予算は、いただいたお祝いの半額程度が基本です。

基本的に内祝いの金額は、いただいた金額・品物の半額程度が相場です。
ただし、身近な方から高額のお祝いをいただいたり、品物の値段がわからない場合などは、無理に相場にこだわらず、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

商品にかける「のし紙」は、『内祝』の表書きで、お子様の名前で贈ります。

お子様のためにいただいたお祝いですので、お返しの内祝いもお子様の名前で書きます。
表書きは「内祝」または「初節句内祝」などとします。

totop